第8回 国際保険流通会議 in 東京 2019

第8回 国際保険流通会議 in 東京 2019

日時 : 2019年11月16日(土)10:10開場 10:30-16:40
会場 : 日比谷コンベンションホール(東京都千代田区日比谷公園1-4 日比谷図書文化館B1)
主催 : 日本青年会議所 保険部会/国際保険流通会議 実行委員会
後援 : 一般社団法人 日本損害保険協会/一般社団法人 生命保険協会
一般社団法人 日本損害保険代理業協会/一般社団法人 日本保険仲立人協会

世界では、地震などの災害やテロ、新型インフルエンザなど、様々な広範囲で甚大な被害をもたらすリスクが発生し、被害とその影響は年々と大きくなっています。我々は一度起きた被害を決して無駄にしてはならず、そこから得た経験や知識、知恵をまだ被害にあっていない人々に対して伝え共有することで、リスクを回避することや被害を縮小させることが可能だと考えます。
また、保険に関して保険金の支払いや保険の開発等についても経験を共有していくことで、迅速に動くことが可能となり、消費者にとって更なるメリットを与えられると考えています。保険業界は、リスクに対してファイナンスを考える業界であり、消費者とリスクを通じて繋がっています。消費者に近い保険流通に関わるものは、消費者に対してリスクに対する対応を呼びかけることができるとともに、リスクから消費者を守る責任があります。
このことは、万国共通であり、国際保険流通会議では、世界各地で経験したことを共有し、被害が起こる前からの事前対策から有事の際の対応について、対応レベルの向上、保険流通関係者の社会的存在価値の向上を継続的に行っていくことを目的としています。
本会議は、過去の経験や情報を共有するだけにとどまらず、今後の保険流通に何が必要なのかを学び考え、行動する場として企画されています。

プログラム
10:10
10:30-10:35
受付開始
主催者挨拶
第1部:これからの日本 ~今後の日本と必要な準備~
10:35-11:20 内閣府政策統括官(防災担当)付企画官 市川裕子 氏
自然災害への備え ~官民での連携~(仮
11:20-12:05 経済産業省 中小企業庁 事業環境部
経営安定対策室長 佐藤 二三男 氏
中小企業強靭化法の施行について
12:05-13:05 昼食休憩(1時間)
13:05-13:35 東京都 総務局 総合防災部
計画調整担当課長 濱中 哲彦 氏
「東京マイ・タイムライン」で風水害にどう備えるか(仮
第2部:リスクに対する企業の取り組みと金融に関する国際的情報共有
13:35-14:15 三菱重工業株式会社 事業リスク統括部 リスク管理室
リスクマネージャー 増山 啓 氏
(Pan-Asia Risk & Insurance Management Association member)
事業戦略としてのリスクマネジメントと保険
14:15-14:45 香港貿易発展局 マーケティングマネージャー 後藤 亜希郎 氏
国際金融センター香港:アジア金融フォーラム(AFF)で世界の金融関係者はどのような情報を共有しているのか
第3部:保険の販売チャネルの役割と可能性
14:45-15:25 株式会社ベストパートナー 代表取締役 門 和宏 氏
 (和歌山県損害保険代理業協会会員)
リスクマネジメントの必要性とNPOの支援体制について
15:25-15:35 休憩(10分)
15:35-16:35 <パネルディスカッション>
『保険を取り巻く環境変化と求められる保険販売』
~保険販売チャネルが変化に適応する為に今すべきこと~
講演:損保協会におけるサイバーリスク啓発活動について
   一般社団法人日本損害保険協会
   業務企画部地震・火災・新種グループリーダー
   金泉 浩二 氏
コーディネーター:
日本青年会議所保険部会 第40代部会長 奥住 晃之
一般社団法人日本損害保険代理業協会 会長 金子 智明 氏
一般社団法人日本保険仲立人協会 理事長 平賀 暁 氏
NPO法人日本リスクマネジャー&コンサルタント協会 副理事長 松本 一成 氏
16:35-16:40 閉会挨拶

■参加者
国内外問わず保険流通に関わる方/定員:200 名(定員になり次第終了)
■参加費
一般:¥3,500 / 後援協会加盟会社所属:¥3,000 / 保険部会メンバー:¥3,000

詳しくは以下をご覧下さい。
第8回国際保険流通会議のご案内・FAX申込書

【お申し込み方法】
WEBお申込みは下記で受け付けております。
≫ お申込みフォーム